三愛だより(2022年4月号)

月の聖句:  

   わたしの助けは来る

   天と地を造られた主のもとから。

           詩編 121編1~2節 

 卒業生が植えたチューリップ、花壇のビオラ、大きな桜も花を咲かせました。5匹のウサギも元気一杯。昨冬の雪で見上げると大穴だったテント屋根も、春休みに貼替えました。園庭はみんなを迎える準備万端です。三愛の子どもたち今年は46人でスタートします。

 ほし・ゆり・ひつじ、今年は全クラスに新しいお友だちが加わります。特に新入園の子さん方には、お家を離れての初めての時間です。ドキドキしているかも知れませんね。まだ収束とは行かぬコロナ禍もあり、保護者の皆さんにもご不安がおありかとも思います。皆さんのお声も伺って、今この時の子どもたちにより良い環境を日々尋ねつつ、今年の園の営みを進めて参ります。ご理解・ご協力をお願い申し上げます。

 ♪あっちの家から こっちの家から、

  きみもぼくも あなたもわたしも 集まってきた

  今日もイエスさま ここにいて、みんな仲良く遊ぶ

  楽しく始まるようちえん♪(『こどもさんびか』より)

 4月の聖句、遠い山々に目を上げた詩人は、主なる神さまのもとからの確かな助けを見つけて唄います。「わたしの助け」が来る「もとから」、聖書のヘブライ語は一つで「共にいるところから」という言葉で綴られます。花々を愛で、小さな命に触れ、泥んこになって、先生たち・お友達と「共に」遊ぶ幼稚園の毎日が、一人一人の子どもたちにどれ程の力となるか、改めて励まされる思いがします。この詩はここから「わたし」を「あなた」と呼ぶ声に変わります。その声は「まどろむことも眠ることもなく」絶えず「あなたを」見守る神さまを繰り返し示し励まします。父なる神と「共にいるところから」来られた方、イエスさまのお声なのだ、と教えられました。三愛幼稚園の新しい一年、いつも共におられるイエスさまのお守りの中、元気に歩んでまいりましょう。

                       園 長  山 本 信 義

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三愛だより(2022年6月号)

月の聖句:  

   探しなさい。そうすれば見つかる。

           マタイによる福音書 7章12節 

 梅雨前にもう夏が来たと、朝から思える程のお天気がここ数日続いています。一学期も半ばを過ぎ、新入園児もすっかり慣れ、47人でも園庭狭しと、思い思い様々に遊ぶ三愛の子どもたちの姿が見られます。

 ほし組はホウセンカ、ゆり組は朝顔、今年はひつじ組もマーガレットの種を蒔きました。水遣りするそれぞれの園児の植木鉢にも芽が出て双葉が揃いました。植木鉢裏のダンゴ虫、緑の葉っぱの陰のカタツムリを見つけて集める子どもたちも。遊び砂を補充した砂場では、トンネルのお山作りに庭のお花で飾ったケーキ屋さんごっこ。保育中ひょっこり現れる園長に、遊びの手を留めて誇らしげに「見て!」と元気な声を上げてくれます。この季節毎年お決まりの光景ですが、やっとマスクを外せた子どもたちのキラキラの笑顔に、今年は特に新鮮な喜びを頂く思いです。日常の中で「探して、見つける」喜び。幼児期の子どもにとって、この上ない大切な経験なのだと思います。

 それは「愛され、受け入れられている」ことの発見へと連なるからなのでしょう。主イエスが教える「神と人とを愛する」術として「土を愛する」ことを加えて提唱した19世紀北欧由来の三愛主義が私たちの園の名の由来です。これを逆向きに読んで当園の保育の願いと受け止めています。「園(土)に愛され、人に愛され、神様に愛されていることを見つけて、愛する子に育ちますように」と。人は愛されていることを知って愛するようになると、ご自身の生涯を通して、教えて下さった方が教会の信じるイエス様という方です。

 6月は2週目に「花の日」の礼拝を守ります。アメリカの教会学校由来のこの日は本来「子どもの日」です。「小さな私たちに出来ること」とお花を届ける年長組の訪問は残念ながら今年も見送りになりそうですが、
 「この花のように、美しい心を

  神様ください 小さなわたしにも

  この花のように 人々を愛せる

   心をください 小さなわたしにも」(幼児さんびかⅡ)

こう歌われる祈りを季節のお花の中に一緒に見つけられる日となりますように。梅雨の到来と共に、蒸し暑さも強くなってくる季節ですが、良いお天気は勿論雨の日も子どもたちと一緒に、嬉しいことを見つけて喜んで過ごしたいと願います。それぞれのご家庭に祝福を祈ります。           

                       園 長  山 本 信 義